近代医学に見放された原因不明の体調不良に苦しむ日々

喘息の診断

4月20日から続く、風邪のような症状がどんどんひどくなり、とうとう胸痛が起きるようになった。

最近では、町のやぶ医者よりもgoogle先生のほうが詳しかったり、情報が新しかったりするので
調べてみたが

息を吐く時に、音がするのは、気管支の問題ではなく肺の可能性が高いとどのwebsiteeも解説していた。

昨日行った病院は先生は丁寧に見て下さるのだが、受付の女の態度がひどく悪いので
行かなくなったことを思い出した。前回、行かなくなる前に一言

「私、あなたに何かしました?」と聞いたが、「別に?」みたいな返事で
若くもないその女はひどく態度が悪い。しかもカード支払いができないので
行くのを止めたことを思い出した。

診察室の看護師さんと先生はとても親切で丁寧だということを付け加えておきたい。

5月の初め、毎月の降圧剤をもらう病院で少し酸素濃度が低いと言われたこともあり
気になって昨日調べてもらったら 98と正常であった。

パルスオキシメーターは4月に注文して、まだ届かない。メーカーからは遅れると連絡はあったが
それにしても売り切れ続出のようだ。

この際、パルスオキシメーターは一家に一台、あったほうがいいのだと思う。
コロナか、コロナじゃないのか、或いは、自分の体にちゃんと酸素が取り入れられているかの判定のキットだし
人差し指を入れるだけの簡単なものだから、早く届いて欲しいと思っている。

看護師さんは、私がこの名前を知っていて、もう注文済みだというのに驚いていた。
でも・・ねぇ。自分の身は自分で守らなきゃ。私達セレブでもなければ特別なコネもないわけだから
保健所に有無を言わさず、PCR検査受けてくださいと言わせるように証拠を整えなきゃ。

一酸化窒素濃度も計ったが、このゲームのような機械でもあきらかに喘息の数値を示していたし
聴診器で診察して頂いた結果も、喘鳴が聞こえるということで
また、喘息治療を開始することにした。

肺炎ではないと聞いて少しほっとしたものの、先生が喘息もコロナの重症化リスクを高めますよとおっしゃったので
ましてや、話す仕事において、声は商売道具。きちんと言いつけを守って治療しよう。

関連記事

Stresscare2020

アーカイブ

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP