近代医学に見放された原因不明の体調不良に苦しむ日々

激しい頭痛 MRIでわかったこと 白質病変 

定期的に受けていた脳のMRI。

最近はあまり頭痛も起こらなかったことから3年ぐらい間が空いてしまった。

ところが、2023年9月になり、死ぬかと思うような激しい頭痛が何度も起き、
頭痛薬を飲んでも、朝起きてから夜寝るまでずっとズキズキ。

とうとうMRIを取りに行ったら、脳には異常がないけれど

今まで見たことがないような白い斑点がたくさんあった。

先生に伺うと脳の白質病変というそうで、脳梗塞などの予備軍らしい

ヤバいかも。

大脳白質病変について、chatGPTの力を借りてまとめてみました

1.大脳白質病変は、加齢や生活習慣に関連して発生する脳の変化です。これは、慢性的な脳血流の低下などによって引き起こされます。

2.この病変の危険因子には、高血圧、糖尿病、慢性腎臓病、メタボリック症候群、および喫煙などが含まれます。これらの要因は、大脳白質病変のリスクを増加させる要因とされています。

3.大脳白質病変は、脳卒中や認知症の独立した危険因子とされており、特にエピソード記憶や遂行機能に影響を及ぼす可能性があります。つまり、この病変が認知機能に対する影響を持つことが指摘されています。

4.高血圧の管理だけでなく、生活習慣病全般にわたる管理が重要です。大脳白質病変のリスクを減少させるために、生活習慣の見直しや健康管理が不可欠です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Stresscare2020

アーカイブ

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP