近代医学に見放された原因不明の体調不良に苦しむ日々

緊急事態宣言発令 新型コロナ禍

2020/4/7 緊急事態宣言発令

やっとである。 ニューヨークのロックダウンから遅れること2週間以上。

日本の緊急事態宣言は、ロックダウンではないため強制力はない。
しかも、詳細は各自治体の首長にゆだねられている。

やらないよりはましだが、遅い遅い。

高須院長なんか、ずっと前からそうおっしゃっているし、
海外在住の有名人からは、「コロナを甘くみないで」というメッセージが
多く届いていた。

だが、やはりのんきな日本人。私の主人も同様、騒ぎ過ぎだとあまり気にしていない。

彼はハリウッド映画なんて見ないし、星新一のSF小説も読まないし
毎日インターネットにへばりついて遊んでいるのに、Netflixも見ない。

毎日伝えられるワイドショーのコメントによって、
初期に伝えられた、毎年インフルエンザでは何万人も死んでいるんだから
という情報を信じ込んでいて、自分が死ぬとは全く思っていない。

ま、こんなにお気楽で、あっという間に感染して、とっとと死んでくれれば
それはそれで結構だが、

毎日、買い物から帰ると、買ったもの全てを一旦ドアの前に置いて
全部アルコール消毒をしてからでないと家に入れないぐらいに
慎重に慎重に暮らしている私としては、移されたらたまったもんじゃない。

だから、私は外での感染というより、家での感染を一番恐れているので
ドアノブ、冷蔵庫の取っ手、水道のタップ、などなd、奴が触ったと思うところは
完全に消毒してからでないと触らない。
タオルも共有していないし、食器も別々である。

こんなに頑張っているけど、まだまだ完璧ではない。
どうか、神様、ご先祖様、私と私の愛する人達をお守りください。
BCGの摂取により、抗体ができていますように。
できれば、知らないうちに薄ーく感染して、抗体ができているのがよい。
そのために、BCGが効果があるといいなぁ。

20年前に肺炎になったことがある。
その時は、咳がひどく肺が苦しいぐらいだったが熱は全くなかった。
だが、咳があまりにもひどいため、病院に行ってみると
そのまま車いすが運ばれてきて、即入院となってしまった。

絶対安静

その夜、熱が40度以上になり、看護師さんが鼠径部にずっと氷枕を入れて
冷やしてくれた。このまま熱が下がらないと危ない・・・という声も聞こえて
当時はまだ生きていた母に「助けて・・・」とお願いした。
母は、「何を言ってるの?こんな時こそ、

南無大師遍照金剛(なむだいしこんごうへんじょう)を唱えなさい」と言った。

私は小さい頃、母の叔母と同居し、母の叔母は毎日お経を読んでいたので
小さくて平仮名も読めないはずの私が叔母の隣で毎日お経を読んでいたのだそうである。

私は苦しみながら 南無大師遍照金剛(なむだいしこんごうへんじょう
南無大師遍照金剛(なむだいしこんごうへんじょう
南無大師遍照金剛(なむだいしこんごうへんじょう

何度も唱えた。すると坂の上にお坊さんが居て、お坊さんが坂から転がり落ちてきた。
私は下まで落ちたら危ないと思い、
南無大師遍照金剛(なむだいしこんごうへんじょう、
南無大師遍照金剛(なむだいしこんごうへんじょうと唱えた。

明け方、熱が少しずつ下がってきて、看護師さんにもう大丈夫と言われた時
看護師さんの背中に天使の羽が見えた。

ほんとうに不思議なことが起こったが、それ以来、私はお大師さんに守られているのだと
意識することが何度もあった。

今、この体調が悪いなか、

今日もエチゾラムを飲んだが、まだ不安定である。(過呼吸気味)

医療現場で働いてくださっているすべての方々に感謝いたします。
ナイトクラブ、クラブ、居酒屋、その他コロナのせいで営業が困難になられている方々、
ほんとうにつらいと思いますが、がんばってください。
コロナが終息して、またみんなが笑える日が来ることを祈ります。

関連記事

Stresscare2020

アーカイブ

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP